全ては、地域経済のために。
九州の事業承継は
ドーガンへ

会社の引継ぎ・後継者の育成・M&Aの成功

webinar
ウェブセミナー実施中

参加者募集中
開設記念ウェビナー(2)
「自社株の相続税対策」
開催日 2021/6/16(水)12:00~12:30
講師 税理士法人西方会計
代表社員税理士 西方 和久
後援 株式会社西日本新聞社
事業承継において、株式承継のスキームと税金については、重要な論点です。本ウェビナーでは、持株会社の設立による承継スキームについて、事例を交え紹介いたします。

過去のウェブセミナーはこちら

  • 終了しました

    2021/5/13(木)12:30~13:00

    開設記念ウェビナー(1)
    「ドーガンが考える故郷のための事業承継」

    株式会社ドーガン 代表取締役 森 大介

    九州の事業承継のお悩みに寄り添うべく「故郷のための事業承継相談窓口」を開設しました。九州に根ざし、地域社会の課題と現実に向き合い続けるドーガンの事業承継問題にかける思いについてお話しいたします。

what we think
ドーガンの考える事業承継

今までの常識や価値観が絶え間なく変化するパラダイムシフトの時代に突入する中、会社の引継ぎ方法の取り組み方も多様化しています。地域に根付いて会社経営をされてきた皆さまの思いや考えを踏まえて、事業承継の相談ができる相手を見つけるのも簡単ではありません。

親族内での承継や昨今広く浸透しつつあるM&Aに加え、今日まで築いてきた企業文化を守りながら自分達の力で事業を継続したいと考える従業員への事業承継、オーナー・社長様が信頼する外部招へい者への事業承継といったように、様々な選択肢がございます。

事業承継においては、どの手法もメリットとデメリットがあり、それぞれの特徴をよくご理解いただき、各会社の状況に合わせた手法を慎重に検討することが重要です。いずれの手法を選択される場合においても、そのご決断においては地方経済を支えてきた企業ならではの考え方や地元との関係性を考慮せざるを得ない部分があると考えており、地元の事業承継のご相談は地元の専門家が受けることが望ましいと考えています。

弊社のこれまでの九州における経営支援の実績とノウハウを結集し、オーナー・社長様のご意向を最大限尊重した上で、事業承継の課題に対して、全力で対応いたします。

ドーガンの事業承継に
関するご提案の特徴

九州の企業の様々な経営ニーズに
応えてきたからこそ、
多様な事業承継課題に対して、
身近な立場最適なアドバイス
行うことが可能です。

親族内後継者がいる場合に
ドーガンにできること

  1. 01 次世代の成長に向けた
    経営支援・後継者育成
    後継者育成においては、オーナー・社長様が考えるゴール設定等その企業の組織構造や社内文化を踏まえた道のりが必要です。ゴール設定のコンサルティングから、実現のための取組(社内の会議体制、権限、役割、責任の見直し等)について、ソフト・ハードの両面の組織運営支援を行いながら、後継者育成支援を行います。
  2. 02 次世代経営陣が主導する
    成長戦略の策定・実行支援
    次世代の成長に向けた新規事業を展開するにあたり、①ゼロから事業を立ち上げる場合の当該事業の方針・戦略・計画策定支援、②M&Aにより新規事業に参入する場合のM&Aの成功に向けた方針・戦略・調査支援・具体的案件紹介、③事業立上げ期の実行支援など、新規事業展開の様々なフェーズにおいて、支援を行います。
  3. 03 不動産資産の整理・選別、
    承継スキーム策定支援
    不動産を事業用と非事業用に選別し、整理すべき不動産は売却や有効利用等の資金化を検討いたします。その結果、スムーズに承継を行うことができる企業体質への改善を行うことが可能となります。また、承継に関しては不動産流動化や信託スキームの検討を併用し、管理すべき資産の集約、承継、資金化等様々なニーズに対して検討・計画作成から実行までを最大限サポートいたします。
  4. 04 自社株対策支援
    事業承継においては、後継者の議決権シェアを守りながらも、後継者の経済状況を考慮した株式承継の対策をオーダーメイドで考える必要があります。「シェア対策」と「株価対策」の両面から適切な対策を講じられるよう支援いたします。
  5. 05 ファミリーオフィス設立・
    運営支援
    オーナー・社長様とご家族の所有する財産を、世代を超えて保全・継承していくには、人的・知的・財的な側面から、包括的に管理・運営を行うことが重要です。適切な人員配置・役割分担・資産配分等を検討し、未来世代のありたい姿、ファミリーの永続的な発展の実現に向けた、ファミリーオフィスの設立・運営を支援いたします。

親族内後継者がいない場合に
ドーガンにできること

  1. 01 M&Aの成功に向けた支援
    親族・社内に後継者がいない場合でも、他社に株式や事業を譲渡することで事業を継続・発展させ、取引先との関係や従業員の雇用を守ることが可能です。オーナー・社長様と関係者のご意向を最大限尊重した、譲渡先・譲渡スキームの検討・実行を支援いたします。
  2. 02 事業再生ファンドの活用
    後継者がいないが、競合他社等への事業譲渡を望まない場合、弊社が運営するファンドが株主となり、企業価値の更なる向上を支援すると共に、オーナー・社長様と時間をかけて事業承継の方向性を模索いたします。また、何らかの事情で財務状況に課題を抱える会社に対しては、金融機関調整等を支援しつつ、再生に必要な資金を出資・融資することが可能です。
  3. 03 従業員への事業承継
    親族内に後継者はいないが社内に後継者候補がいる場合、従業員への事業承継も可能です。資金面の不安や個人保証の問題、経営管理経験が無い、といった課題に対し、ファンド活用を含む適切なスキーム組成、金融機関との調整、経営管理・モニタリング体制構築等の支援を行います。
  4. 04 後継者候補・後継者を
    支える人材の紹介
    親族もしくは従業員に次世代の会社を支える後継者人材がいない場合や、後継者人材が育つまで時間がかかるような場合に、ドーガンが有する豊富な経営管理人材等のネットワークを駆使し、人材の紹介の支援も行います。

contact
お問い合わせ

ご相談は無料。
まずは、お気軽にお問い合わせください

    必須名前

    任意会社名

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    任意当てはまるものにチェックをお願い致します(複数回答可)

    任意上記に該当がない場合または補足がある場合に入力をお願い致します。

    必須プライバシーポリシー

    弊社のプライバシーポリシーをご確認の上、下記チェックボックス にチェックを入れてください。

    MENU